WHAT IS FOOD LOSS?

フードロスとは、まだ食べられるにも関わらず廃棄されている食品のことです。 日本では、年間2,550万トン(※)の食品廃棄物等が出されています。 このうち、まだ飲食可能状態で廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は612万トン(※)。 これは、世界中で飢餓に苦しむ方々に向けた世界の食糧援助量(平成30年で年間約390万トン)の1.6倍に相当します。 日本人一人が約お茶碗一杯分の食品を廃棄している計算になります。例年に増して新型コロナウィルスの影響により飲食店での消費激減、給食中止等、出荷先を失った農水産物が更に増えてしまっています。

今、私たちにできることは、なにか?
今、すぐに行動に移せることは、なにか?

ひとり、ひとりが出来ること、意識を変えるでフードロスを削減することができます。

FOOD LOSS BANKと共に一緒に考えてみませんか?

FOOD LOSS BANKは現在世界中で問題になっているフードロス問題を少しでも、しかし確実に解決すべくフードロス食材の有効活用を皆様と共に考えていきます。

出典:農林水産省及び環境省「平成29年度推計」
食品ロス量(平成29年度推計値)の公表について(農林水産省)
我が国の食品廃棄物等及び食品ロスの発生量の推計値(平成29年度)の公表について(環境省)